NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 梅雨入り前に 車いす対応型救助用ボートで救出訓練

梅雨入り前に 車いす対応型救助用ボートで救出訓練

梅雨入りを前に金沢市と内灘町の消防署が車いすに乗った人でも運べる救助用のボートを使って、訓練を実施しました。

訓練には金沢市の駅西消防署と内灘町消防署からおよそ50人が参加し、川が増水して水害が発生したことを想定しました。

金沢市が去年、導入した車いすに対応できる救助用ボートを使い、増水で孤立した人たちを救助する手順を確認したほか、ドローンを使って溺れた人を捜索し、水上バイクで救助する手順を確認しました。

金沢市と内灘町では今後も訓練を通して、資機材の取り扱いの習熟と連携を確認したいとしています。