NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 平田しおり選手 エアでも東京五輪2種目内定

平田しおり選手 エアでも東京五輪2種目内定

日本ライフル射撃協会は、29日開いた理事会で能美市出身の平田しおり選手を東京オリンピックで最大3種目の出場が可能な選手として代表に内定しました。    能美市出身の平田しおり選手は現在、明治大学4年生の21歳です。おととし11月のアジア選手権で銅メダルを獲得し、女子ライフルでの代表内定を決めていましたが、きのう東京で開かれた日本協会の理事会で、エアライフルでの出場も可能な選手として代表に内定しました。エアライフルは東京オリンピックでは個人戦と男女混合の2種目が実施されるため、最大3種目への出場が可能になります。6年前、金沢伏見高校入学と同時に空気銃で的を狙うエアライフルを始めた平田選手、その後、18歳からは実弾を撃つライフルと並行しながら競技を続け、見事に両方での代表内定をつかみました。