NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 春の高校野球石川県大会 準決勝 金沢-小松大谷

春の高校野球石川県大会 準決勝 金沢-小松大谷

準決勝第2試合は去年秋の大会で準優勝の小松大谷とベスト8の金沢が対戦。2回に先制した小松大谷は3回にも1点を加えます。金沢は1点を返して迎えた6回、2アウト2塁で打席には5番・中川。金沢のチーム初ヒットはツーランホームラン。逆転に成功します。しかし、小松大谷は8回に同点に追いつくと、ランナーを2人置いて7番・吉田。スリーランホームランで小松大谷が6対3と勝ち越します。小松大谷のエース北方は金沢打線をヒット2本に抑える好投をみせ、6対4で小松大谷が決勝進出を決めました。