NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 東京五輪に向けてテロ対策訓練

東京五輪に向けてテロ対策訓練

東京オリンピック・パラリンピックを前に、JR金沢駅前では、テロを想定した訓練が
行われました。

東京オリンピック・パラリンピックを控え、不特定多数の人が金沢駅を訪れることが
予想される中、県警が金沢駅の鼓門周辺でテロを想定した訓練を行いました。

訓練は路線バスから不審者が金沢駅に降りたという想定です。
警察官が現場に駆けつけ、ナイフで抵抗する不審者を制圧。

すると不審者が化学物質の液体が入った危険物を投げ捨てたため、
防護服を着用した機動隊員が、危険物を回収し、処理しました。

県警によりますと、ナイフを使ったり、車で人混みに突っ込んだり、
手に入りやすいものを使ったテロが国際的に増えているということです。

県警では、今後も訓練を重ねていくことにしています。