NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 去年は出没多発 ツキノワグマに関する連絡会議

去年は出没多発 ツキノワグマに関する連絡会議

石川県は例年、7月にツキノワグマの出没に対応するための連絡会議を開いていますが、去年目撃件数が869件、人身被害が15件となったことを受け、開催を前倒ししました。県はマニュアルの見直しも行い、クマが好物とするブナの成長を調べるため、これまでの6月よりも早く4月に開花の調査をして、大量出没の可能性について早期に予測を立てます。また市や町から麻酔銃の要請があった場合は、白山自然保護センターだけでなく、県の自然環境課からも出動が可能になりました。