NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 志賀町に金属熱処理加工の新工場

志賀町に金属熱処理加工の新工場

金属熱処理加工を手がける会社の新工場が志賀町に完成しました。志賀町の能登中核工業団地に完成したのは、金属熱処理加工を手がける愛知県のメタルヒートの新工場です。メタルヒートは金属でできた部品を真空状態で熱処理を行う技術に優れ、自動車部品や半導体の製造装置、航空機、電気自動車のモーターのコア部分などの加工を行っています。開所式で原敏城社長は行政の支援や北陸電力からの安価な電力を活用して、高品質で安価な熱処理工場を目指したいと話していました。開所式のあと、装置の火入れ式が行われ、新工場の稼働が始まりました。メタルヒートの能登工場では、志賀町出身の社員を含む5人の社員が雇用されていますが、将来的には100人規模の人材を雇用したいとしています。