NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 小松市でタケノコ初出荷

小松市でタケノコ初出荷

2日、春の味覚・タケノコが県内のトップを切って、小松市で初出荷されました。

小松市では25軒の生産者がタケノコを栽培しています。
2日夕方、小松市東山町の集出荷場では、生産者が次々とタケノコを運び込み、
JAの職員が色や大きさなどを検査しました。

タケノコは3日から県内のスーパーなどの店頭に並ぶ予定です。
今年は収穫量の少ない裏年に当たりますが、出来は上々だということです。

出荷は5月上旬まで続き、期間中、去年より8トン少ない、
25トンの出荷を見込んでいます。