宿題なんていらない ~型破り校長 最後の教え~

タイトル

宿題なんていらない ~型破り校長 最後の教え~

放送日時

4月12日(月)午後1時50分

番組内容

金沢市の西南部中学校。
全校生徒800人を超える石川県内で最も生徒数が多い公立中学校だ。
西南部中の高島栄治校長(60)は、2019年4月から思い切った学校改革に乗り出した。

テストでいい点を取るためだけの勉強、提出することが目的になった宿題・・・

高島校長は「そんなものは全て無意味」と一刀両断。まず取り組んだのが「定期テストの廃止」
中間・期末と年間5回実施していた定期テストを全て廃止し、代わりに教科ごとに細かく行う「単元テスト」を導入した。       
さらに、強制的に提出させる形の「宿題も廃止」
提出用に一斉購入していた問題集を、家庭での自習用に希望者が購入するように変更。

宿題をやる、やらないは、生徒自身が決める。 
定期テストや宿題がない代わりに、計画的に学習する習慣を養うため、毎週スケージュール帳を書く時間を設けた。家での過ごし方や勉強の時間などを書き込み、
PDSサイクルを子どものうちから身に付けることを目指す。

目まぐるしく変わる社会を生き抜く人材を育てるため、大学入試改革が叫ばれるなど、学校教育も変化を求められている。
高島校長が進める改革は本当に“破天荒”なのか?
むしろ、高島校長が目指す教育こそが、“本流”なのではないか?
西南部中学校の学校改革を通して、日本の学校教育のあり方を問いたい。

制作 HAB北陸朝日放送

ページ一覧へ