HABひと物語 進化の轍(わだち)~金沢発!自動運転最前線~

タイトル

HABひと物語 進化の轍(わだち)~金沢発!自動運転最前線~

放送日時

4月29日(水・祝)午後4時10分

番組内容

「もしも、どこでもドアがあったなら」
それは100年先の未来の話なのかもしれない
「もしも、自動運転の車があったなら」
それは―

2015年 珠洲市
Autoと書かれた車両が公道を走り始めた。
研究を取り仕切ったのは金沢大学の菅沼直樹教授。
公道での走行実験は
国内の大学では初の試みだ。
市街地6.6kmのコースを走行。
われわれに自動運転の可能性を示してくれた。

あれから5年が経った今年1月。
菅沼教授は研究の舞台を金沢市内に移していた―

過疎化により維持が困難となっている公共交通
相次ぐ高齢ドライバーによる事故
さまざまな問題を抱える現代社会。

自動運転は
どれくらい先に実現するのか
どんな課題があるのか
一人の研究者を通して
研究の「原点」「現在地」
そして、その先にある「未来」を描く。

出演

金沢大学教授 菅沼直樹

新学術創成研究機構
自動運転ユニット ユニットリーダー

カメラ:西田幸平
ディレクター:堀智輝

ページ一覧へ